朝の一日をとうとうと書いています

やはり疲れてくると中年、体力持たないですね。
朝起きたら、良い天気でした。地平線の向こうに浮かぶ太陽が何とも神々しいといいますか、本当に良い天気ですね。
今日は、朝コンビニに行きました。
お姉さんを歩いているのを見て、この集落にも若い人がいるのだなと思いましたよ。
大体、中高年が多いものですからね。

考えてみると、僕の若い頃の世代が、そのままおじさんおばさんになった様にも思えます。
まあ、そんな事はどうでもよく、昨日考えていたのが、大正琴の針金ですが、普通のフックっぽい針金でも可能でしょうけど、大正琴の弦でも大丈夫ですね。
ちょっとやってみましょう。

コンビニに行ったら、若い姉さんとおばさまが二人で働いていました。
おばさま、地方から来られたのか方言っぽい口調で話すのですよね。
何か夫の転勤か何かでここに来られたのかと思いました。一時期、コンビニのオーナーの愛人という噂が流れた時期もありましたが、自然消滅したようですね。

それにしても、気持ちのいい日です。今日は何をしましょうかね。父の仕事の関係で、利用者が来るので、ほぼ待機している感じでしょうけど。
朝というのは本当に心地良い始まりだとつくづく思っています。